葬儀や遺品整理はプロに任せよう|業者選びの重要性について

お墓

故人の部屋を整理するには

お葬式

業者に依頼する場合も

家族や親族が亡くなった後は、遺品整理を早急にしなければならないことがあります。故人が賃貸住宅に住んでいる場合は、早く引き渡さなければ家賃がかかってしまいます。賃貸住宅を解約するには1ヶ月前に管理会社に連絡しなければなりません。遺品整理をするには1ヶ月以上の猶予があるわけですが、それぐらいの期間では親族が亡くなったショックは薄れるものではありません。なかなか故人の品物に手を触れる気分になれない家族も多いのです。それに遠方に家族や親族が住んでいる場合は、遺品整理のための時間が取れないこともよくあります。葬儀までは行えても会社や学校の都合などで遺品整理をする時間が取れなくて悩んでいる人もいるのです。このような場合に遺品整理業者に依頼する人が増えています。家族の代りに遺品の整理や処分を全て引き受けてくれる便利な業者です。葬儀を終えた後でも整理をする暇がない人や気持ちの切り替えができていない人は業者に依頼するとよいでしょう。

業者に任せるメリットとは

故人がひとり暮らしだった場合、発見されるのが遅れることがよくあります。そのような部屋は、悪臭がこもっていたり汚れもひどかったりすることが多いのです。片付けどころか部屋に入ることもままならなかったりします。遺品整理業者は、そのような部屋も綺麗に清掃し消毒まで行います。遺品整理で困るのが大型の家具や家電を動かすことです。業者に頼めば安心で不要なものは処分してくれます。品物によっては買い取りをしてくれる業者もいるので、業者に払う料金もその分安くすることもできます。ほかに遺品整理業者に頼むメリットは作業のすばやさです。たくさんの遺品を目の前にして家族はどこから片付けていいのか戸惑ってしまいます。業者は効率よくゴミを分けていき、普通ならなかなか進まない作業も短時間で終わらせてしまいます。

利用者と業者が増加

墓地

同じ遺品整理業者でも、処分料や追加料金の設定価格が異なります。悪徳な業者は、作業を終えた後に追加料金を請求することもあります。ですから、神戸で依頼する時も複数の業者に見積りをお願いして、追加料金の有無など確認しておくのも必要です。

詳細へ

新しく墓を建てるとき

作業員

お墓を新しくたてるときには十分に余裕をもって立てるようにしましょう。生前にお墓を建立する人が東京でも多くなってきていますが、公営墓地の大半はこのことを認めていませんので、生前に建立するときはよく確認をしてください。

詳細へ

信頼できます

複数の墓

家族が亡くなって遺品整理が必要になった時には、神戸に存在する専門の業者に作業を依頼することが出来ます。遺品整理の幅広い知識を持つプロの遺品鑑定士が、遺品を的確に整理してくれるので、故人に対する気持ちの整理をつけることも出来るでしょう。

詳細へ